2009年10月20日

岡田監督激怒でインタビューをキャンセル

たしかにテレビ局はちょっといいすぎだよね。

サッカー日本代表チームの岡田武史監督が、
サッカーの試合終了後に行われるテレビのインタビューを
拒否するという驚きの行動に出ました。

まさにレーシック失敗並みのテレビ局のミスでしょうね。

これにはそれなりの理由があったようで、
どうもその試合の中継局のTBSの番組内でのインタビューの質問で、
監督に対し失礼な項目があり、「遺憾な部分があった」という理由で
取材拒否をしたというのです。

どんな質問が岡田監督の逆鱗にふれたのでしょうか?
「遺憾な質問」がなされたのは10月3日深夜放送のTBS系
サッカー番組「S☆1スパサカ」の中での質問だったそうです。

参考:FX情報商材なら

岡田監督「もう、二度と出ねえ」 過激インタビューの一部始終
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000004-jct-soci

それを次々と質問されたようなので、
ついにブチ切れたという感じでしょうか。

試合後に選手や監督にインタビューをするのは
放送権を得た放送局の権利だそうですが、それを拒否したのは
前代未聞の出来事なのだそうです。

仕方ないと言えばそれまでですが、
それくらい頑固な人間でないと、日本代表を引っ張ってはいけないのでしょうね。

あと、選手はなんと子供を生むと局から出産手当金がもらえます。

そんなんだったらお前らが監督になれって感じですもんね。
posted by mb06 at 10:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130724481

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。