2009年11月07日

自業自得の230キロ男性だと思う

健康はお金で買えませんからね。

ドイツ誌ビルトの3日付けの記事によると
ハンブルクに住む体重が230キロもある男性が
体調を崩して病院に診察に出かけたところ、
「動物園で検査をしてほしい」と言われたのにもかかわらず、
それを拒否して13日後に死亡したそうです。

そもそも、こんなに大きかったらもうユーザー車検に出しても車に乗れそうにありませんね。

「動物園で検査を」=230キロ男性、拒否して死亡−ドイツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091104-00000021-jij-int

そもそも体重が100キロを超えると身体に異常が起きる可能性が
ぐんと高くなると聞いた事があります。
トレスさんは体調を崩して意識を失う事もあったというので、
何か不具合が体に起きている事が確かだったと思いますが、
「動物園」での検査を素直に受けていれば何らかの異常が見つかったかもしれないし、
死亡を防ぐことも出来たのではないかと思うと残念で仕方ありません。

そういえば特注で下着を作っているのがマルコだそうです。

妻のペトラさんは病院に「かわかわれた気がする」と
悔し涙を流しているという事ですが、動物園で検査しなくてはいけない身体を
放置したという事実の方を悔やむべきだと私は思います。

参考:ロールケージ

それが解っていればいいのですが。
posted by mb06 at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132234601

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。