2010年04月29日

青海地震−高山で救助難航

このニュースは知りませんでした。

中国青海省の地震で、取材のため被災地に入った
中国人記者二十数人が重い高山病の症状を訴え、
19日までに1人が死亡したと、広東省深センの地元紙・晶報(電子版)が
伝えたそうです。

シンプルスモーカーでも高山で使っていいですか?


大変ですね・・・救援者が撤退を余議されるとは。
標高4000メートルでハードな救助活動は大変でしょうね・・・。
高山病はの予防はできないのでしょうか?
救援活動中に意識を失った女性医師など、酸素吸入でどうにか
持ち直したとか、救助活動も命がけですね。

わたしもささやかながら募金をしました。
あと、Twitterでも毎日1クリック募金でちょっと
ずつですが募金しています。
一日も早く復興されますように・・・。

中国じゃ出産一時金もでませんね。


被災地は標高4000メートル前後で、夜間は氷点下になるとかで、
不眠不休で活動を続ける救援隊員の中にも高山病にかかって
撤退を余儀なくされる人が続出しているとのこと。

死亡した記者は被災地に入って2日後、風邪を引いて肺水腫となり、
甘粛省蘭州市の病院に運ばれたが、死亡、また、救援隊では、
めまいや吐き気などを訴える隊員が増え、19日までに
300人余の全隊員が撤退することを決定したとか。

中国人記者、高山病で死亡=撤退する救援隊も−青海地震
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100419-00000091-jij-int

今日の参考:ロールケージ

中国は広い国だから毎日ニュースだらけ。
posted by mb06 at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。