2010年08月10日

イギリスUFO情報を隠してました

イギリスでもいろいろですね。

UFOに遭遇した時の様子ですが、
空軍偵察機が近海領空での任務を終えて帰還しようとした時に、
乗組員が近くにUFOが飛んでいるのを発見したそうです。

UFOは空軍機の周りを音もなく旋回し、
その後どこかに飛び去ったそうです。
目撃した人はさぞ驚いた事だと思います。
でもそれから何十年もたっても、
UFOの実態や目撃情報というのはありません。

参考だったら、気になったものを書くdeviの日記をどうぞ。

チャーチル英首相はその当時50年間機密扱いとするように指示を
出していたそうです。
それが解禁されたのはチャーチル氏の護衛だった人物の孫に当たる人が、
1999年に親からこうした護衛の証言を聞き、
国防省に贈った書簡などからわかったようです。

「民衆がパニック起こす」チャーチル元首相がUFO遭遇情報を50年間隠蔽指示か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100806-00000520-san-soci

本当にそんな飛行物体が存在するのなら科学の進歩とともに
何かしら解明されるような気がするのですが、
いまだにUFOの実態が何なのかわかっていません。

B型万歳!でーした。

私たちに姿をハッキリと明かさないところや、
音もなく物体を空に飛ばすことができる技術がある生命体が
本当に存在していたとしたら、地球人にとっては驚異になるかもしれませんよ。

第二次世界大戦中にイギリス空軍機が未確認飛行物体(UFO)に
遭遇したという情報について、
当時首相だったチャーチル氏が「国民をパニックに陥らせる」として、
情報を隠ぺいを命じていたことが分かりました。

さんこうっす:鈴木茜画像

ま、UFOをがんばっておってください。
posted by mb06 at 15:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。